やましたひでこvs こんまりvs ゆるりまい 捨てる対決

今さらですが やましたひでこさんの 断捨離の本を読んでみました。なぜなら 最近のマイブームが、断捨離だから。そろそろ 本家 やましたひでこさんの本を 読まないと!!と思い ずっと図書館で 借りる機会を 待っていました。図書館に行くと お片付け術の本は、いつも 貸し出し中。みんな 部屋が 片付けられなくて 困っている人ばかりなのでしょう。ちなみにですが、私は、本は、買うより借りる派。以前は、たくさんの本を 持っていないと安心できなかったのですが、古本屋に持って行っても 二束三文のお金にしかならなかった経験があり、買ったとしても 読んだら 処分という流れにしています。

モノの捨て方
やましたひでこさん→断捨離流素敵な出逢いがやってくるモノの捨て方

で・・やましたひでこさんの断捨離の本 読んでみました。こんまりさんも ゆるりまいさんも 根底は、同じ。軸は、同じだけど 相性は、あると思いました。こんまり派・・・やましたひでこ派 ゆるりまい派の 片付け方・・私の場合、最初に こんまり流の ものを捨てるか 捨てないかってときは、ときめくか ときめかないか?という言葉は、ゴミ袋を持ったとき 常に 自分に問いかける言葉になっていました。

こんまり
近藤麻理恵さん 人生がときめく片づけの魔法

ゆるりまいさんのわたしのウチには、なんにもない。,
わたしのウチには、なんにもない。(2)なんにもない部屋のもの選びを 立ち読みしながら、見える場所に モノを 置くから ごちゃごちゃするんだ!と当たり前のことに気づき さらに モノが捨てまくりました・・・(笑)

最初に 捨てたのは、洋服。迷った服は、実際に着てみて ときめかないものは、すべて 処分。肩パッドの入った スーツも 捨ててしまいました。黒のスーツなんて 卒業 入学式用と 葬式用の喪服があれば 十分で あとは、必要になったら 買いに行けば 良いかな~~と思いました。サイズが合わなくなったジーンズも処分。下着も ときめくものだけを残し 全部 処分。本は、本棚に入る分だけなので 辞書と数冊の本だけ。書類も バサバサ 捨てました。

今後 また 太ってしまうかもしれないし リバウンドして Lサイズの服が 再び 必要になるかもしれない・・と思う一方で「もし」はない。絶対 でぶおばさんには、戻らないぞ!と ゴミ袋に 捨てた分だけ もう二度と太りたくない 太っていたときって 人生無駄にしてた!と思う私なのでした。

タグ

このページの先頭へ