進化する強さ クルム伊達公子

クルム伊達公子さんの 進化する強さを 読みました。クルム伊達公子といえば・・私と同世代の40代。世界ランキング8位で引退したのが、1996年。2001年ドイツ人レーシングドライバーのミハエル・クルムと結婚したときは、中井喜一と結婚するものだと思っていたので ビックリしたものです。その後、2008年、12年ぶりに再びコートに立付事キメ 37歳でプロに復帰しました。「世界と戦うためではなく、若い選手へ刺激を与えるため」と果敢に復帰。

41歳という年齢で世界のトップ選手と わたりあい 今なお センターコートの観客を沸かせる伊達公子。年齢を重ねることで t体力や身体が衰えていくのでは、なく 進化し続けているように思えます。本来の持ち味に 経験値と メンタル面での強さがくわわったかんじ。

進化すいる強さ

挑戦することは本当に楽しい
試合はまるで人生のようです。
大事なのは、たとえ調子の悪い時が続いたとしても、
腐らず、やけにならず、いかに冷静でいられるか。
それは頑張るのではなく、
まさに踏ん張る時なのだと思います。(本文より)

内容的には、CHALLENGE!と 重なる部分は、ありますが 彼女は、若い時から 1つも軸が ぶれていないし 勝気な性格も かわっていないし・・カッコイイ!!こんなふうに 年を重ねていけたら すてきです。

このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマーク livedoorクリップYahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

コメントをどうぞ

このページの先頭へ