ZOJIRUSHI 電気ケトル 必要な分だけ スグに沸く

電気ポットが 壊れたので 大手家電量販店に ポットを買いに行ってきました。



価格もサイズも 色も たくさんの種類が 販売されており最近の主流は、電気ケトルのようで T-fal (ティファール) の 軽いケトルが お店の イチオシ 一番 売れてるところに置いてありました。

店員さんに「ポットとケトルって どっちが おすすめ?」と尋ねると「ケトルとポットは 役割が 違うんですよね・・電気ケトルは、やかんみたいに 一時的に お湯を沸かしたい人向きポットは、常時 あったかいお湯が 必要な方向き」と説明を受けました。

よく 考えたら 昼間は、私一人だし・・・お客さんも 時々しか 来ないし・・急な 来客なんて めったに無いから ポットみたいに1日中 電気つけっぱなしでは 勿体ないし・・そもそも 今まで あの馬鹿でかい  ポットが 必要だったんだろうか??我が家の生活には、ケトルで 十分じゃないかな?という結論にいたりました。


(裏側は コンセントとケーブルが 収納できるようになっています)

続いて 今度は、1リットルと 0.8リットルと 0.6リットルで 容量をどれにするかで悩みました。ラーメンの湯なら、300CC 弱・・私の象印ステンレスマグは、300ミリリットル・・ステンレスマグには、熱い日本茶を 入れているんだけど・・コーヒーは、マグカップで飲むから・・と 計算していたら 0.8リットルが 一番 自分のライフスタイルに合ってるような 気がしてきました。この時点で 家族のことなど まるで 忘れてしまっています・・(笑)

次に メーカーを どこの電気ケトルに するのか 悩みました。 メーカーは、象印のほか お店の一番人気 T-fal (ティファール) T-fal (ティファール)そして  DRETEC ドリテック TIGER(タイガー)アビテラックス
などがありました。まず 一番 売れてる 一番 人気の T-fal (ティファール)< ですが デザインが 好きじゃなかった・・軽い点や早く湧く点も テイファールの特徴みたいでしたが 形が、安っぽい・・・(と私は感じてしまった)(≧ο≦)

で・・早々の T-fal (ティファール) から離れました。吟味して選んだ結果 電気ケトルでありながら 1時間保温が出来るタイプの 象印の電気ケトルを買うことにしました。使い勝手は、良好ですよ。お湯が沸くと メロディがなって お知らせしてくれます。

象印の電気ケトルシーリーズには、ミッキーやプーさんの 絵が描いてあるタイプも販売されています。

お湯が沸くと メロディがなって 電気がつきます。色は、ホワイトを選びましたが 他には、シャンパンゴールドが あります。掃除と洗濯を終えて ホッと一息 コーヒータイムは、至福の時ですね・・

電気ポットも電気ケトルも すぐに 壊れちゃうんだよね

長い間 電気ポットばかり 使っていたので 今回 電気ケトルデビューとなりました。ポットも電気ケトル 毎日 使うものだから ライフスタイルにあわせて 選ぶのが いちばんですね。電動ポットって 毎日 使い続けていると ある日 突然 ぶっ壊れるんですよね。昨日までに 使えていたのに いきなり・・ですよ・・ストライキ起こされたみたいで 悲しいわ・・使い方が 手粗なんでしょうか?私の場合 2年くらいで ご臨終のパターンです。労働者も 電動ポットも 大事に長く扱ってって 話ですよね?

電動ポット派?電気ケトル派?

電気ポット 電気ケトル ランキング


電気ケトル 大特集<

このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマーク livedoorクリップYahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年9月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:暮らしのお気に入り

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ