紡木たく ホットロード あまちゃん 能年玲奈で実写映画化

NHK連続テレビ小説 あまちゃんの主演をつとめた能年玲奈、過去には、「告白」や「動物の狩り方」に出演しているものの ヒロイン 天野アキ役は、能年玲奈にとって 当たり役で 代表作と言える作品になりました。国民的ドラマが終わり 所属事務所は、次回作にかなり慎重になっていたといいます。30才40才と、女優を続けていくうえでNHKドラマ「あまちゃん」のイメージのまま というわけには いかないからです。

「あまちゃん」が終わり さまざまな番組に出演している能年玲奈ですが「何か アキちゃんみたいに オモシロイこと言ってくれそうなイメージを 思いっきり ぶっ壊す会話下手な一面に ガッカリする私。次に出演する作品が 彼女の女優人生を決めていくのも頷ける話なのです。

次の作品は、紡木たく「ホットロード」の実写映画化と聞いて 意外で ぶっとびました。紡木たくといえば・・マンガを 買わない私でも はまった 伝説のマンガ・・高校の教室では、みんな 紡木たくのマンガを 読みまくっていたし 借りるだけでは、飽きたらず 結局 買いに走った・・という・・たぶん 今 読んでも 切なくなるだろうし ほんわかした気持ちになるんだろうと思います。

中学の頃 高校の頃 好きだったもの 好きだった人 好きだったことって 結局 40代になっても 好きなままなんですよね・・不思議。好きな男性のタイプも変わらない・・

ホットロードは、悩みを抱えながら生きている主人公 宮市 和希(みやいち かずき)と、バイクに命をかけ、死さえ覚悟しているような春山(はるやま)を 描いた作品で ちょっと大人の「浩子さん」も印象的。ちなみに 相手役の春山は、嵐の二宮和也(30)になるとか ならないとか?言った噂もあるけど 主人公が、高校生なので 二宮くんより福士蒼汰の方が、合ってるかも。

紡木 たく(つむぎ たく)の作品でが、山口県を舞台にした『瞬きもせず』(まばたきもせず)『やさしい手を、もってる』『みんなで卒業をうたおう』『純』なんかも 購入した私ですが、同じ年代の女性たち「紡木たく」に はまったのかなぁ・・また、読みたいなー。映画もヒットしてほしいなぁ。

このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマーク livedoorクリップYahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

コメントをどうぞ

このページの先頭へ