料理の写真を 美味しそうに加工する 方法

今日は、子どもたちと クレープを 食べました。美味しかったです。子どもたちも 私が、写真を 撮ることを 心得ていて いいかんじに ポージング?してくれます。食べものの写真は、とりあえず 明るい色に加工すると 美味しそうに見えます。手持ちの画像加工ソフトで 明るい色に加工するか、写真を美味しく変換してくれる 便利なサイトが あるので そういうとこも 利用しています。

超!美味しく変換 – 料理の写真をおいしそうにするよ

クレープ

人が 見た時 食べたいと 思える写真というのは、難しいものですね・・。私は、素人なので ついつい 中央に 食べ物の写真を 配置する 日の丸構図が 多くなります。接写で近くから 撮ることで 美味しそうに撮れますが、右側や 左側にあえて 空間を 残しておくと 料理本のような 写真が撮れるそうです。

クレープ

お皿は、白い色が 断然 食べ物を 美味しそうに見せてくれるし まっすぐに 真上から 撮るのもありだし 斜めにとっても オシャレな写真が 撮れます。

クレープ

料理本を見てると どんな写真を 撮ったら 美味しそうに 見えるのか、勉強になります。私は、外出時は、コンパクトデジカメを 持ち歩き、家庭では、デジタル一眼で 撮影しますが、やはり デジイチの方が、背景が キレイにぼけて 美味しそうに写ります。料理の表情以上に 美味しそうに写ります。写真撮影や 写真加工の腕が上がったら、背景や レフ版 にも こだわると もっと 上手になるみたい!こちらも 参考になります。

ひと工夫でおいしそうに撮れる!作った料理を美しく撮影しよう
お弁当が引き立つ撮り方、3つのポイント
料理をおいしそうに撮る3つのコツ

このエントリーを含むはてなブックマークBuzzurlにブックマーク livedoorクリップYahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

コメントをどうぞ

計算の答えが正しくないと投稿できません。(笑) 例 → 8×四=32 *

このページの先頭へ